Show More

経営者が大変と言われる理由!?経営者特有の悩み

2022年1月31日
By admin
Post Image

経営者の悩みは従業員に理解されにくい

経営者とサラリーマンは立場の違いから、それぞれ異なる悩みを抱えています。経営者の悩みで多いのは、思うように売り上げが伸びないことです。特に事業規模の小さい会社の場合、売り上げの変動が大きい傾向があり、例えば不景気の影響で一気に売り上げが下がるというケースはよくあります。企業の目的は利益の追求であり、利益があるからこそ従業員を雇えるわけです。今現在のおいて人気の商品であっても、5年後はどうなるかわかりません。特に主力商品の売り上げが激減すると、黒字化が難しくなる可能性大です。多くの経営者はどのようにコストを抑えていくか悩んでいます。ときに人件費の削減を迫られることもありますが、そのために従業員を減らすと恨みを買ってしまう可能性があります。会社存続のためには仕方のない決断であっても、従業員は事情を察してくれるとは限りません。経営者の悩みは周りに理解されにくいため、経営者は孤独と言われるわけです。

顧客を維持するのは簡単ではない

会社が利益を出し続けるためには、ファンの構築に加えて新規顧客の開拓が必須となります。いかに新規顧客をファンに変えていくかが経営手腕の見せ所です。ファンが離れていくケースとして多いのは、商品の満足度が下がったときです。例えば商品の製造コストの上昇により、商品価格を据え置きして内容量を減らしたとします。すると多くのファンは量が減ったことに気づいてしまうのです。一方で内容量を据え置きして価格を上げた場合、ファンが離れていく可能性があります。それゆえ経営者は価格、内容量ともに現状を維持させようと悩むわけです。

会員制医療倶楽部では東京大学・慶應義塾大学出身の名誉教授や現役教授や、各科専門別の顧問ドクター、有名大学病院勤務の医師による健康カウンセリングが受けられます。